082-272-6006
資料請求・ご相談

広島の解体業なら桑原組

>
>
>
No.011 某教育機関 解体工事

解体事例紹介

某教育機関 解体工事
更新日:2020年10月12日
施工概要

RC造の校舎、体育館、プールなど、延べ床面積は1万平方メートルを超える解体工事です。2020年4月に始まり、2021年1月に終了予定の大規模解体工事です。

  • 施工年:2020年
  • 工事概要:解体
  • 工期:10か月
 

施工レポート

工事の実施に際しては、各種関係法令を遵守するとともに、車両出入り口に交通誘導員を配置するなど、安全第一で行います。
学生さんが居られる状況で解体を行ったため、騒音・振動・第三者災害の防止には特に気を遣い、若干ギャラリーに見守られながら、低騒音で解体を進めています。

学校ならではの注意せねばならない点が多数あり、例えば、校舎とグラウンドが近く、解放廊下のひさしは2.5mありました。グラウンドで運動をする生徒さんに危険が及ばないよう、ひさしをグラウンドとは反対の建物側に引っ張り、倒す方法を取りました。この作業には、広島県内には数台しかないコベルコ社製のSK550と呼ばれる巨大重機を投入しました。

安心・安全・迅速に、桑原組の技術と設備を最大限に発揮し、無事故で施工中です。
解体された校舎跡地は整地が進められ、この場所に新たに建設される校舎や講堂の完成を楽しみに、再開発の様子を見守っていきます。

この工事は、2021年の1月まで続きます。ご安全に。
前の事例へ 施工事例一覧へ戻る 次の事例へ

 

  1. このページの先頭へ