082-272-6006
資料請求・ご相談

広島の解体業なら桑原組

>
新入社員の声2020

 

就活中のみなさん、入社後の自分がどんな環境でどんな仕事をするのか、

気になることがたくさんありませんか?

そこで、入社1年目の社員へインタビューを実施しました。

入社の決め手や仕事のやりがい、将来の目標まで、生の声を集めてみました!

 




経営企画部

本田 洋子

HONDA Yoko

環境リスクマネジメント事業部

有吉 奏音

ARIYOSHI Kanane

住空間創造事業部

 弘輝

WATANABE Hiroki

 

私が桑原組を選んだ理由

本田

企業説明会で説明してくださった先輩が個性的でした。個性的といってもクセがすごいというわけじゃないですよ。それぞれの個性を活かせる桑原組って楽しそう!と好印象を持ったことがきっかけです。

 

有吉

私は事務職を希望していて、就活中には様々な企業の採用担当者とやり取りをしました。中でも桑原組の皆さんは特にウェルカム体勢で、就活生というよりは一人の人間として接してくれたことが決め手でした。

 

渡邉

僕は高校が無印良品のモデルハウスの近くで、毎日その前を通学していたんです。就活を行うにあたり、興味を持った無印良品の家から情報をたどって桑原組に行きついたのですが、桑原組は解体に留らないチャレンジができそうだと思い、ビビッときました。

 

 

 

桑原組の、ここがいい!

本田

「ゼロからやってくれるんだ!」と感激するほど研修が手厚いこと。

こんな立派な手作りのテキストを使っての研修があり、多くの先輩が講師として登壇してくださいました。

業務で困った時には誰に聞けばよいかが事前に分かっている状態でスタートできたので、本配属でも困ることはなかったです。

  

渡邉

研修もそうだけど、プレミアムフライデーで入社前から先輩と関わっているので、桑原組の雰囲気は早めに把握することができました。

むしろオフの姿を先に見ているので、安心して入社できたし、入社してからは、桑原組は改めて人を大事にする環境だと気づきました。

 

 

有吉

有名企業や協力会社の皆さんと仕事ができるビジネスの幅広さはもちろん、桑原組は個人の成長もサポートしてくれる。

社内報の改善は良い例で、「こういうことがやってみたい!」が実現できたのは、会社の理解やサポートがあってこそ。

本配属の時に「ひとりひとりの良さや課題を考えて配属を決めた」と言われたので、個人の適性や将来性を真剣に考えてくれているんだと思いました。

 

 

渡邉

そして、内定段階からの同期の絆は強い。僕は外出が多いから最近あまり話ができていないけど、顔を合わせた時には情報共有をしてくれるよね。

3人が違う部署にいるからこそ、うまく情報共有できる気がする。同期の強い絆が持てるのも、桑原組のいいところ!

 

 

仕事の楽しさと厳しさは?

渡邉

僕は建築現場で職人さんとやり取りすることが多いのですが、僕より圧倒的に経験や知識がある人達に、仕様や工程を説明しなければならない。現場では専門用語が飛び交い、最初は会話にすら入れなかった…

知識が増えていくことは楽しいですが、大工、電気、水道、外壁など、それぞれのスペシャリストの仕事を理解して、同じ目線で働かなければならないところは厳しいです。
 

 

本田

私はコンサルのアシスタントとして、支援先で打ち合わせをしたり、提案資料の作成をしたり。他社の仕事を理解して支援するところは、渡邉さんの仕事の印象とかぶるかな。

最初は点だった理解がつながって理解が深まることは楽しい。

難しいなぁと思うのは、自分が作成した資料を使って支援先で説明すること。自分の資料なのに「あれ?」ってなることもある。

知識の点は増えますが、増えた点を繋いで理解し、資料にするのはこれまた大変。

 

有吉

経理の知識なんてゼロの状態で入社したので、当然ながら最初はちんぷんかんぷん。

そこでまず、自分が分からないところを先輩に確認して、理解したことを図やマニュアルにしました。それを元に処理の方法やお金の流れが分かると嬉しく思うけど、毎回例外は発生する…

例外にも対処できるようになるにはもう少し時間がかかりそうだけど、日々新しい知識を得ることができて、何より私を信頼して仕事を任せてくれることが嬉しいです。

 

 

学生時代の経験やスキルは活かせている?

渡邉

学生時代に学んだCADの知識はそのまま活かせています。

今は社内よりも社外の職人さんと接することが多いけど、人見知りするタイプではないので、その仕事の一番物知りにじゃんじゃん聞きに行くヒューマンスキルは活かせています。

 

 本田 

参考文献や良い作品をたくさん見て、真似をするという習慣は学生時代から身についていて、例えば資料を作るにしても、実際に作業するのと同じくらい参考になるものを見て吸収することを重視しています。

また支援先に寄り添った話し方や提案をしなければならず、相手目線で提案や資料=作品を作るという意味では、美術も仕事も同じだと気づきました。

 

有吉

学生時代はカフェやレストランでアルバイトをしていたため、お客様を気にかけた対応や明るい接客には自信があり、来客対応には大変役立っています。

実際にお客様からお褒めの言葉を何度か頂きました!

また、代筆を依頼されることもあります。先日は賞状や封筒の表書き・裏書きを代筆しました。

仕事に直結しないけど、得意分野を依頼されることで、「過去の自分も大切にしてくれる!」と感じることができます。 

 

 

将来の目標・ビジョン

有吉

今は目の前の仕事をこなすことに必死ですが、今後は経理だけでなく、建設業そのものや産業廃棄物および処理に関するあらゆる知識を身に付け、できる仕事の量と幅を広げたいです。

営業の方や社内のメンバーを自主的にサポートでき、社外の方からも頼られるような、『スーパー事務員』になります!

数年後は現在の仕事以上のことをやっているはずなので、責任感と広い視野を持って成長していきたいです。

 

渡邉

 

今のところは先輩に頼らざるを得ないのですが、まずは仕事を止めないような事前準備ができるようになる。

そして知識と経験を積み、一人で現場を段取れるようになりたいです。

2年後には2級施工管理技士の資格を取得します!

 

本田

今は社外の支援をメインに行っていますが、いずれは社内で新規事業の立ち上げや他の事業部の売上サポートをしっかりできるようになりたいです。

そのために、建設業全体やマーケティングなどの幅広い知識を身に付けるとともに、例えば解体の営業など、新しいことにも積極的にチャレンジしていきたいです。

まずは今やっている仕事の精度とスピードを高めて、安心して仕事を任せてもらえるレベルに到達することを目標に頑張ります!

 

 

就活生へのメッセージ

自分を変えていきたい人、当事者意識の持てる人には桑原組は良い環境だと思います。

様々な事業を行っている桑原組だからこそ、柔軟な考えを持っている人にチャレンジしてほしいです。

説明会や会社訪問に参加された際には、是非、お声がけくださいね。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

 

 

 

  1. このページの先頭へ