082-272-6006
資料請求・ご相談

広島の解体業なら桑原組

>
>
環境リスク対策

環境リスク対策事業

環境リスクとは、人為活動によって生じた環境の汚染や変化が、人の健康や生態系に影響を及ぼす可能性のことを言います。具体的には、アスベストや土壌汚染といったものが該当します。この環境リスクは解体工事に伴い、対策を講じられることが多くあります。
桑原組では、アスベスト対策、土壌汚染対策、ダイオキシン類対策といった環境リスク対策まで含めた施工、対応を行っています。
また、解体工事+環境リスク対策が桑原組の「ワンストップ土地更地化サービス」の基盤となっています。

ワンストップ土地更地化サービス
施工事例

環境リスク対策サービス

アスベスト対策(調査・除去)

桑原組ではアスベスト対策サービスもご提供しています。調査から除去まではもちろんのこと、煙突アスベスト対策まで幅広くカバーしています。
解体工事に伴うあらゆるニーズにお応えします。
また、解体に伴い除去を行う場合、解体工期と合わせて計画を行うため、工期調整やコスト抑制を考慮しやすくなります。

 
土壌汚染対策(調査・除去)

土壌汚染は、解体工事後、建築工事へスムーズに移行することを妨げてしまいます。また、汚染土の存在は、土地価格の下落といった価値損失にもつながります。
桑原組は、そのような課題を解決するため、土壌汚染調査から対策工事まで、総合的な対応が可能です。
汚染物質や汚染状況、お客様のニーズに最も適した対策工事(技術選定)を行います。

 
ダイオキシン類除去

焼却施設の解体や煙突の解体等に伴いリスクとして発生するのがダイオキシン類です。
大型の焼却炉解体(処理能力能力200kg/h以上)等では現地で解体(処理)しなければならないといったことも決められています。このようにダイオキシン類の対策工事は、専門的な知識が必要不可欠であり、加えて高いレベルでの安全対策が求められます。

 
油汚染対策(調査・除去)

油の対策は法律上の取り決めはありませんが、油臭、油膜という問題点から「油汚染土」として対策を施されることが増えてきています。
桑原組では、掘削除去に加えて、酸化剤や微生物を用いた工法もご用意しています。
また、ご提案時には単にお見積り比較を行うだけでなく、比較資料も用いてご提案させていただきます。

 

 

  1. このページの先頭へ